FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) | スポンサー広告 |
疑惑。-これってどうなの?
 ほんとにそんなに募金が必要なの?
--------------------------------------------------------

N速+で巣くう会にメールした勇者に対する、巣くう会からの返答。
37 :982:2006/09/25(月) 02:07:14 ID:jQLzXZav0
http://2-10.jp/up/src/up17977.zip.html

●コーディネートはトリオジャパン。
●阪大学医学部付属病院取次ぎで、ロマリンダ大学病院で手術予定。
●手術前にさくらが死んだら巣くう会で全額管理、基金設立。
●会計報告はHPに掲載予定、監査もする。
●事務局用にアパートを借り上げている。
 事務局運営費予算150万に含まれるのは、家賃・光熱費・通信費・チラシ作成・HP制作・募金箱作成の経費。
●現時点でさくらちゃんは普通の生活が送れるが, 悪くなることが確実なので移植を必要とする。
●移植に多額のお金がかかることを広く認知してもらうことも募金の目的に入っている。
 マスコミに取り上げられる金額は募金総額だから、金額の大きさに目を向けてもらう必要があるため。
 よって、ご両親からの拠出金額についても一般の募金と横並びにして自腹ではなく募金として扱う。(これはちょっとおかしくない・・・?)
●滞在費の内訳は半年としての見積もりではなく、待機が長引いた場合を想定しての最長2年分。
  月額約20万円×24ヶ月として500万円と算出 (←すでに20万多めに見積もり)
●渡米中、母親は休業、父親は仕事は続ける。
●渡航費に含まれるのは医師・看護婦の術前・術後それぞれ片道付き添い時と行き来の2往復分と両親の術前・術後の1往復分。
 父親の仕事の都合などで行き来する場合は自費なので含まない。
●渡米中は母親は休職、父親は仕事を続ける。



●女性自身の記事より

保険がきかない海外での移植治療には、多額の保証金のほか、
治療予備費 、 渡航費、現地滞在費などを含め、概算でも1億3千万円が必要となる計算だ。
昌廣さんも和子さんもともに団体職員だが、個人で準備できる金額ではない。

「主人が50代ですので、早期退職をして退職金に充てることも考えましたが、 とても足りません。
家のローンも丸々残っていて、あるのは借金だけという状態でした」

http://news.80.kg/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=joseijishin02.jpg&refer=%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD
http://news.80.kg/index.php?plugin=attach&pcmd=open&file=joseijishin01.jpg&refer=%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD




でも・・・・?

486 可愛い奥様 2006/09/22(金) 18:00:28 ID:vp4fvH04
よく考えたらさ、NHKも共済会あるじゃん。
http://www.disclo-koeki.org/02b/00523/

貸付制度あるよ。
繰越かなりあるよ。
ここで不動産担保でかなり貸付してもらるんじゃないの?
ってか、その為の共済会じゃん。
これを使えば、手術費用にもなる訳だし。



よく言われる、『移植手術が成功後、帰国してからの治療費がたくさんかかる』という話も、微妙にデマくさいですよ。

3 名前:可愛い奥様 投稿日:2006/09/28(木) 01:19 ID:HgdYLlux
【帰国後の免疫抑制剤費用について】
◆拘束型心筋症は「身体障害者1級」認定
◆障害者手帳には更新がない(1度認定されれば永久認定)
◆移植等で基準値以下になっても、障害等級はそのまま
◆東京都の場合身体障害者1級~3級には「マル障受給者証」が交付される
◆マル障受給者証を病院で提示すると健康保険自己負担分が補助され無料となる
◆海外で移植手術を受けた後の免疫抑制剤使用は健康保険適用対象
◆但しマル障受給者証には所得制限があり今回のさくらの場合は対象外

○そのため医療費の1ヶ月の負担上限は高額療養費の還付後で77700円/月

□更に東京都の場合6歳以下の乳幼児には乳幼児医療費の助成制度があり医療費無料
□乳幼児医療費の助成(略称マル乳)には所得制限が無い

■その上20歳以下の障害者に対し市区レベルで特別児童扶養手当・児童育成手当の支給がある(所得制限無し)
■小平市の例(都内は概ね同じ内容):特別児童扶養手当51100円/月、児童育成手当15500円/月=66600円/月


結論:帰国後の医療費が高額になるというのは大嘘6歳まではタダ、それ以降も77700円/月

※東京都のHP
マル障:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryojyosei/sin_iryo.html
マル乳:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryojyosei/nyu_iryo.html
※小平市のHP
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/life/shougai.html

なお身体障害者にはJR運賃半額、高速料金半額、都営地下鉄・バス無料、タクシー補助、航空運賃割引
所得税控除、自動車税タダ、郵便貯金利子非課税・・・など



スポンサーサイト
2006.09.29(Fri) | 死ぬ死ぬ詐欺 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。